学校法人 聖ステパノ学園

トップへ お問い合わせ アクセス

わたしたちがおすすめしたいこと

豊かな自然

聖ステパノ学園の門を入ると、小高い山があります。道に沿って右側にカーブすると森のトンネルに入っていくようです。思わずスーッと胸いっぱいに空気を吸い込みます。
抜けていくと、飼育小屋のアイガモの声が聞こえ、木造の小学校校舎が見えてきます。

小学校への道と分かれて、山に登っていくと、中学校へ出ます。途中の階段から目を上げると、富士山が見えます。
徒歩10分弱で照ヶ崎の海岸に行くことが出来ます。県の天然記念物であるアオバトが海水を飲みに来ることでも有名な場所です。また、海水浴が最初に行われた場所でもあります。
山と森と海のある空気のおいしい学校です。

  • 一緒に虫探しをしたり、木の実を拾ったりします。
    どんなに立派な図鑑や、超高画質の映像より、実物に触れ、よくみることが大事です。体験という土台がない知識は、生きる力には変換されません。

  • 海には頻繁に通います。季節や学年によって違いがありますが、磯で生物をとったり、砂浜でサンドグラス(波で研磨された宝石のようなガラス)を拾ったり、詩や絵のイメージを膨らませたり、マラソンに出かけたり・・・・・。海は何でも受け入れてくれます。

  • 富士山は毎日見えるわけではありません。雲で一部が隠れていたり、まったく見えないこともしばしばです。そんな時には、「今日は、富士山がいない。」と低学年の子ども達は言います。
    季節によって色も変わります。冬は雪をかぶります。今年の冬は雪が少なく、全山真っ白にはなりません。
    大磯の天気は、富士山と箱根の方角から変化して来ます。ここ大磯は台風が来ても、周辺の地方より荒れません。富士山と箱根の山が壁になっているのでしょう。

  • 春。運動場の桜。

  • 小学校の昇降口。大磯の魚たちを大水槽で飼っています。見に来てください。
    マダイ、ヘダイ、クサフグ、トラフグ、モヨウフグ、サバフグ、カワハギ、ミノカサゴ・・・・・・・・。

  • 「今日は、景色を描きましょう。」
    多くの子どもは、ここから見える景色が好きです。

  • 春、小学校教室の窓から見える道。

  • 秋、海側の紅葉がきれいです。

  • 秋、家庭科教室前の紅葉は格別です。