学校法人 聖ステパノ学園

トップへ お問い合わせ アクセス

安心・安全の取り組み

聖ステパノ学園が取り組んでいる、安心・安全の取り組みについて紹介します

防災の取り組み

  • 避難訓練の実施
    定期的に避難訓練を行い、子どもたちの防災・安全に対する意識を高めています。備蓄倉庫には子どもたちが緊急時にも夜を越せるような備えもしてあります。
    (写真はJアラート訓練の様子です。詳細は小学校の様子でもご覧頂けます)

  • 緊急避難場所の指定
    海抜40m程の小高い山の上にある海の見えるホールは、大磯町の津波避難所にも指定されている程に、安全な場所として認知されています(大磯町の津波最大高は17.1mと想定されています)。全校児童生徒で毎週行っている海の見えるホールでの礼拝は、緊急時にも速やかに全員が集まる練習になっています。

  • 学校からの一斉配信
    学校から保護者への一斉連絡には、Fair Castを利用しています。台風による休校なども、学校からの連絡メールがすぐに届くようになっているので、安心です。

安全の取り組み

  • 交通安全教室
    小学校低学年を中心に、毎年警察官の方をお招きして、安全な交通ルールを教えて頂いています。保護者の方にもご協力頂きながら、グラウンドを道路に見立てて、練習します。

  • 電車の使い方講習会
    特に小学生を対象に電車の使い方について指導を行い、他の乗客の皆様も子どもたちも、みんなが安心して電車の利用ができるように子どもたちに伝えています。

  • インターネット対策について
    毎年保護者総会では、大磯警察署の方をお招きして、保護者のためのネット対策について講演をして頂いています。インターネットが身近に感じられる今日、子どもを見守る立場としてどんなことを知りどんなことを考えていかなければいけないのか、教員も保護者の皆様と一緒に毎年勉強をさせて頂くことで、子どもたちがより安全に毎日を過ごせるように努めていっています。