学校法人 聖ステパノ学園

トップへ お問い合わせ アクセス

モーニングサイド・カレッジ来校

アメリカのアイオワ州から、モーニングサイド・カレッジの皆様が来校されました。
まずはコンサートを聴かせて頂き、素敵なハーモニーに思わず子どもたちも惹きつけられました。その中で、カントリーロードをモーニングサイドの皆さんと、ステパノの児童生徒で一緒に歌いました。日本語と英語で歌ったのですが、サビの部分「Country road~」の部分でフッとみんなの声が一つになり、会場が一つになりました。思わず涙が出てしまう学生さんもいる程で、音楽の力を感じた一瞬でした。

コンサート後、昼食をはさんで小学生は照ヶ崎海岸に、中学生は各グループに分かれて日本文化を楽しむ活動をしました。短い時間でしたが、それぞれの活動を通して、交流が深まりました。

お別れは「ハイタッチ」でお見送りです。ちなみに英語では「ハイファイブ」というそうで、ここでもひとつ勉強になりました。ハイファイブの時、モーニングサイドの皆さんも、ステパノの児童生徒も素敵な笑顔でした。

また、来校してくれることをみんなで願った、素敵な一日になりました。
  • 熱烈な歓迎でお迎えしました

  • ステキなハーモニーが響き渡ります。

  • レディーガガの曲をデュエットで聴かせてくださいました。

  • 素敵な歌声に思わず惹きつけられます。

  • 一緒に歌ったカントリーロード。みんなの歌声が一つになる素敵な時間でした。

  • 歌い終わった後は、自然と笑顔があふれます。音楽を通して、気持ちが通じた瞬間です。

  • ステパノの児童生徒が歌う聖歌を聴いて、スタンディング・オベーションをして頂きました。嬉しさがこみ上げました。

  • 昼食での様子です。どんなお話が交わされているのでしょうか。

  • 予定にはなかった特別講座も開設されていました!

  • 海では、子どもたちの方が先輩です。見て見て!こっちこっち!楽しそうな交流が続きます。

  • 何かを発見したようです。一生懸命に説明しています。

  • 言葉が通じなくても、自然と交流は生まれてきます。

  • 目隠しをしての「ふくわらい」。初めての経験だったそうです。

  • 中学生も負けていられません!

  • 書写のグループは墨を擦るとことから始めました。子どもたちも一緒にやって、お手本になります。

  • 子どもたちが書いたお手本を見ながら、実際に字を書いてみます。

  • 立派な字が書けました。色紙に書いたのでそのままお土産です。

  • トントン相撲は予想通り盛り上がりました。日米対決の結果はいかに!

  • トントン・トントン中学生も負けてません。どうやら中学生が勝利をおさめたようです。

  • 「おりがみ」グループは、鶴に挑戦です。なかなか細かい作業があり、難し様子です。

  • 実際に折っているところを見せたり、本を見ながら一緒に折ったりと細かい作業を最後まで頑張りました。

  • あっという間に時間が過ぎて、いよいよお別れです。みんなでハイファイブ!

  • 緊張していても、なぜかいい笑顔です。

  • 学園での交わりが良き想い出となって欲しいです。