学校法人 聖ステパノ学園

トップへ お問い合わせ アクセス

ステパノサマーキャンプ2019 (宿泊学習)



7月25~27日にかけて、小4~中3の児童生徒でステパノサマーキャンプを行いました。
宿泊場所である「富士山麓山の村」は、富士山の麓に広がる大自然の中にあります。行きのバスの中から野生の鹿を見つけるなど、大自然の中ならでは出会いもありました。

普段の学校生活では経験できないことや、普段感じることの出来ない友達との距離感。そして二泊三日を過ごすことで見えてくる友達の新しい一面など、発見の連続でした。

小富士登山 【小中合同】

今回は初めて、小富士の登山に挑戦しました。小学生と中学生が合同班で共に隊列を作り、一歩一歩足を進めていきます。あいにく頂上は雲の中でしたが、それでもみんなで協力して登った山の上でのご飯は格別です。



クラフト活動【中学校】

今年の中学校は、「ペンたて」を作りました。協力して丸太を切り、その後それぞれやすりを使ってみがいたり、穴をあけたり、ニスを塗ったりして、完成させます。同じ木を使っていても、それぞれの作品に個性的な味があります。



自然観察【小学校】

ネーチャーガイドの方の説明を伺いながら、富士山麓の自然にたっぷり触れることができました。ゆったりのんびり良い時間を過ごしました。



炊事 【小・中】

今年も小中それぞれで炊事を行いました。富士宮焼きそばと鉄板焼きに挑戦した中学校、カレー作りに挑戦した小学校。薪に火をつけ、野菜を切り肉を切り・・・。食材の準備も自分達でおこないます。みんなで作ったボリューム満点の食事を、美味しくいただきました。

キャンドルファイヤー

天候が崩れてしまった最終日。今年は残念ながらキャンプファイヤーからキャンドルファイヤーに変更にはなってしまいました。しかしそれでも、小中それぞれに出し物を通して楽しい時間を過ごすことができ、最後にキャンドルのほのかな灯りを見つめる中学3年生の目には自然と涙があふれていました。6年間、毎年少しずつ経験を積み重ねてきたサマーキャンプも、もうすぐ終わりです。


富士山麓山の村での体験

ここでしかできない体験。普段交わらない他学年との交わり。そして教師との交わり。ステパノサマーキャンプは、学校ではできない体験をぎゅっと詰め込んだ2泊3日となりました。