学校法人 聖ステパノ学園

トップへ お問い合わせ アクセス

秋の遠足 中学生

江戸東京博物館-浅草演芸ホール-浅草寺

今年の中学校の秋の遠足は、東京の歴史に触れるコースです。江戸東京博物館で歴史の流れなどを体感したあとは浅草演芸ホールで落語の鑑賞。そして最後は浅草寺を見学しました。
数百年前、京都という当時の中心地から外れ、何もない土地だったこの場所が発展していった流れ、その中で育まれた文化、そして今や国際的な観光地になっていることを肌身で感じた一日でした。
  • 江戸時代の日本橋が、当時の大きさで再現されています。資料を読むだけでは体感できない経験です。

  • 「昔の自転車って運転しずらかったんだなぁ…。なんで前輪がこんなに高いんだろう。」

  • いざ浅草演芸ホールへ。「落語は初めてです」という初心者から、「今日の落語は知っているものでしたよ」という玄人中学生まで、みんなが笑って楽しめました。

  • 紙切りの演目では、中学生の「ネコ」というリクエストに応えて頂きました。ただのネコに終わらせない質の高さと、1分足らずで完成させてしまう早業に、驚きの声があがりました。

  • 浅草寺はすごい人混みでした。毎日たくさんの人たちが訪れています。

  • 外国からの方にお時間を頂き、何人かの生徒は少し英語でお話をさせて頂きました。自分の英語が通じたこと、たくさんのお話をお伺いできたことは、とても良い経験となりました。